BATNET

バットネットのトーナメント情報&レポートです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

B.A.T. NET琵琶湖シリーズ最終戦 結果発表

6/24(日)に滋賀県琵琶湖で開催された
B.A.T. NET琵琶湖シリーズ第7戦の結果発表です。

いよいよ今シーズンも最終戦。
年間ランキングも上位陣は混戦しており
最終戦の結果次第では誰がAOY(年間総合優勝)
してもおかしくありません。

しかし…波乱の最終戦は朝から雨模様。
それも中途半端な雨では無く
一日中豪雨が降り続きました。
そのおかげからか湖の状況も一変し、
かなり難しい状況になってしまいました。

バトネット07-琵琶湖第7戦


まず第3位は5,840gを持ち込んだ川井和政/中井誠選手。
南湖西岸のウィードエリアをラバージグで攻略しました。
川井選手3匹、中井選手2匹とバランスよくキャッチしました。

ヒットルアーはシマノ社の跳ねラバ/パカチャンク(黒/青)と
GYCB社のジャンボグラブ1/4ozテキサスリグ(ブルーギル)でした。

第2位は年間ランキング3位につけている若手のエース
真木将行選手と古家義人選手が6,720gで入賞しました。

バトネット07-琵琶湖第7戦


真木選手は前戦で年間暫定首位の座を山本選手に奪い取られ、
その奪還にむけて数日前より気合いが入っていました。
パートナーの古家選手もB.A.T. NET若手陣のひとりで
四国シリーズへの遠征にも参加するなど非常に意欲的な選手です。

キャッチしたのは木の浜~浜大津まで広いエリアで
スピナーベイト、クランクベイト、ラバージグを
積み上げていきました。

ヒットルアーはDゾーン3/4oz(キンクロ)と
ハイドアップ社のHU-300(チャート)、
deps社のハイパーフットボールジグ/パカクローでした。

そして栄えある優勝者は、このシーズンには必ず上位陣に顔を出す
淡路光雄/田村武彦選手が7,110g/5匹で勝ち取りました。
バトネット07-琵琶湖第7戦


淡路/田村チームも南湖をラバージグで攻略。
同じスポットを何度も入り直してウエイトを稼ぎました。
バトネット07-琵琶湖第7戦


ちなみに淡路選手もラバージグのトレーラーはパカクロー。
B.A.T. NETでは1ozテキサスリグやトレーラーには
非常に多用されているルアーです。

琵琶湖シリーズは今回がシーズン最終戦となり、
年間ランキングとクラシック出場選手も決定しました。
クラシック戦は7月。初のサマーシーズン開催です。
さて、今年は誰がビッグウエイトを持ち込むのでしょうか?
ご期待ください。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/28(木) 12:26:55|
  2. トーナメント琵琶湖 結果
次のページ

プロフィール

batnet

Author:batnet

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

海外旅行 パソコン データ消去 ニクソン 時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。