BATNET

バットネットのトーナメント情報&レポートです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バットネット四国08 第4戦

今回の旧吉野川は数日前から降った雨の影響で、上流からカフェオレ色の強い濁りが入って来るという厳しいコンディションの中開催されました。
濁り・満水・あまり風が吹かない・・・
2年前のハードベイト大会の時と状況が同じ感じです。
当時はスポーニング真っ盛りでしたが今回はアフターで、各選手はどの様に攻略したのか・・・レポートをどうぞ。


第3位 江崎 浩司 5本 3090g

第3位は前回のバットネット第3戦ではノーフィッシュだった江崎王子。
彼曰く「前回ノーフィッシュだったので、どーーーしても魚を取りたかった!どーーーーーしても魚を持って帰りたかった!!」
朝、旧吉野川に来る際に、上流部からかなりの濁りが入ってきているのを確認した。
これは坂東谷川(略して板谷)が生きているのでは!?と思い、朝一に板谷入る。
案の定板谷の水ははクリアで、チラホラあるネストを確認。で、リミットメイク。リグはカットテール4インチ猫(1/96zo)でサイト。
板谷では2時間半くらいすると濁りが入ってきて魚が見えない状態になる。
下流に移動し、丸須のテトラで2本キャッチ。ラッキークラフトのクラッチMR。
IMGP0168-1.jpg


第2位 筒井 浩幸 5本 3280g

第2位は、先週プラに入り巻物でよい魚が取れるパターンを見つけていた巻物ジャンキー筒井選手。
朝一に入ったのは馬詰橋インサイドのリップラップ。Bスイッチャー2.0でボトムノックさせながら巻くと1本キャッチ。
次の向かったのは丸須テトラ。ボートポジションをかなり沖にとり、ディープクランク(ノーマンDD22)で2本キャッチ。
対岸に移動し、水門から水門までの間を流しBスイッチャー2.0で2本キャッチ。
1人ハードベイト大会で、男らしい釣りを押し通しました。
IMGP0172-1.jpg


優勝 高戸 和也 5本 4280g
優勝は、今回初優勝の高戸選手。
先週プラに入った際には、比較的浅いところに魚が居た感じがした。
朝一、三ツ合堰手前の右側のシャローに入ったがノーバイト。
取り合えず魚を取ろうと思って板谷に入ると、江崎選手が先行していた。
左側のストレッチから流したかったが、江崎選手がいたので右側のストレッチからスモラバ(タブジグ1/32zo)で岸に日並行に流していく。
すぐに1本キャッチ出来たので、板谷でリミットメイク出来るかと思ったがバラシ等有り4本しか取れなかった。
11時になったので、板谷を出て岸沿いをランガンしながら下って行くがノーバイト。
今切川に戻り、スロープ対岸の水路に入る。濁りの境目にスモラバを通して1200gのキッカーをキャッチ。
その後もタブジグで2本キャッチするが、釣れなくなったので2インチセンコーのジグヘッドワッキー(1/32)で800gを追加。
今切れ下流を回ってみるが、ノンキーしかキャッチ出来ずに終了。
IMGP0170-1.jpg

IMGP0173-1.jpg



IMGP0179-1.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) 03:25:00|
  2. トーナメント 四国 結果
次のページ

プロフィール

batnet

Author:batnet

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

海外旅行 パソコン データ消去 ニクソン 時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。