BATNET

バットネットのトーナメント情報&レポートです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バットネット琵琶湖09 第5戦

終盤戦に差し掛かり、年間成績も気になるところですが少数精鋭のバットネットで油断は禁物、ちょっとしたミスで10キロ返しで大逆転もありうる琵琶湖。
そして今回は3戦連続でウイニングウエイトが10キロオーバー・・・。
やりすぎですが、つれてしまう琵琶湖がすごいとしか言いようが無いです。
そして10キロオーバーをたたき出したチームとは!?

優勝 藤井選手/辻選手 11160g


解説
今回藤井選手は沖のパターンはリスキーでつかみ辛いので朝一は木浜のシャローで小さいながらもリミットを揃えて入れ替えるパターンを選択。
メインエリアは木浜、名鉄、堅田でサイトフィッシングとスイムロール(ワンアップシャッド5インチ)で狙っていった。
サイトと巻き物を半々で釣っていきビッグフィッシュはスイムロールで釣ったとのこと。(3080g)
R88111511.jpg
R88111481.jpg


第2位 小東選手/稲垣選手 8410g

解説
小東選手は浚渫エリアを狙ったが近くにいた違うトーナメンターにライトリグで釣られエリアを南のフラットウイードにいるハスをメインにパターンに変更。
そこで小東選手はフリックシェイクのテキサス、ヘビダン、ネコリグ、稲垣選手はツルギのテキサスで釣ったとのこと。

第3位 伊藤選手/小田原選手 7390g

解説
伊藤選手は先週よかったエリア(沖のライン)をテキサスで攻めるパターンを組んでいたが全くダメでバックアップパターンのシャローエリアをジャンボグラブの7gテキサスで攻略。
10時まで沖を攻めてノーバイトもその後2時間でリミットメイク。10本以上キーパーを釣るもウエイトが伸びなかった。



all.jpg


はい、ってことで今回も上位陣はハイウエイトでした。上位陣のパターンを聞いているとバックアップパターンが必ずあり、メイン+αがいかに重要かが判ります。
今回のように雨で水質、風、気温等の変化にいかにアジャストするかが上位にいけるかどうかの分かれ道のようです。みなさんがんばりましょう!

次回は最終戦の第6戦です。6月14日です。
(参加者にはTシャツを配る予定です。)
スポンサーサイト
  1. 2009/05/17(日) 23:28:39|
  2. トーナメント琵琶湖 結果
次のページ

プロフィール

batnet

Author:batnet

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

RSSリンクの表示

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

海外旅行 パソコン データ消去 ニクソン 時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。